【おすすめ記事】自己投資でスキルアップ

仕事のレベルが高い

高すぎる仕事のレベル

高すぎる仕事のレベル

Pocket
LINEで送る

仕事についていけない

周囲の人の能力が明らかに自分よりも高く見えてしまったり、あるいは求められている水準の仕事をできていなかったりするような場合も仕事につらさを感じます。特に優秀な人が多いような職場や、専門職の人が多いような職場で多く発生しがちな問題と言えるでしょう。
例えば国内企業であれば東証一部の上場企業、その中でも旧財閥系のような会社は優秀な人が多いのでその中で能力不足を感じてしまうとつらいことが多いかもしれません。また証券会社や広告会社のように営業に力を入れている会社の場合も、ノルマが設定され、その達成をできるかできないかで露骨にその人の立ち位置が分かってしまうので、成績が振るわないとつらさを感じるでしょう。それにIT企業のエンジニアなどの専門職も、業界に入りたてであればベテランとの間に業務スキルの差が開きやすいのでプレッシャーを感じることが多いと思います。

特に新人に多い

またこのような問題は特に学校を卒業したての新人に多いと言えるでしょう。まだまだ業務スキルが備わっていないのに、給与をもらっているのである程度の成果や責任を求められるからです。学生から社会人になりたての人の中には毎日のように仕事を辞めたいと愚痴をぼやいてしまう人もいますが、学生の時と環境が大きく変わってしまったということの他にこのような背景もあると言えるでしょう。

能力不足なのか

もしあなたが今まさに仕事についていけなくてつらい、苦しくてしょうがないと感じているのであればその原因はどこにあるのかをまずは冷静になって分析することをおすすめします。なぜなら仕事についていけない原因があなたの能力不足にあるのか、それともただの経験不足のためなのかは簡単には分からないからです。もしかしたら、本当にあなたは現在の仕事を継続するだけの能力がないのかもしれません。しかし、それは決してあなたが他人より劣った人間だということではなく、単に今の仕事への適性がないだけかもしれません。本当は誠実にコツコツと物作りをしたり事務作業をしたりするのが性に合っているのに無理をして営業の仕事をしているのかもしれません。
しかしそうではなく、ただ単にその仕事に対する経験が不足しているだけかもしれません。経験不足のことに対しても思考力や感覚だけで成果を出せる人間は確かにいますが、それはごく一部の超人だけであって一般的ではありません。本当は適性が本人にあるにも関わらず、それを発揮できるだけの経験が足りていないという場合は時間が解決してくれることもあります。また責任感の強い人ほど本当は仕事ができているのに、自分への要求が厳しいため自分はできていないと思い込む場合もあります。

2016/09/19

仕事がつらいあなたへおすすめの記事!

仕事がつらい時の対処法
パワハラは早期に対策

パワハラは決して放置していてはいけない問題で、そのままにしておいては被害に遭っている方に深刻なダメージを与えてしまう可能性があります。信頼できる第三者に相談をしたり、現状の記録を証拠として残しておくなどして、改善を図る努力をしましょう。

VIEW MORE